お知らせ
薬を飲んでいる男性

テレビや新聞でよく見聞きする言葉のAGAはAndrogeneticAlopeciaの略語で男性型脱毛症を意味します。日本国内で約1260万人の人がこのAGAに悩まされています。AGAには進行性の症状があり、頭髪が減り続けてしまいます。そんなAGAの対策として注目を集めているのがプロペシアという薬です。プロペシアやジェネリック薬は多く登場しており、なかには通販でも購入が可能です。ここではそのプロペシアの基本的な知識と正しい使い方など様々な役立つ知識を紹介します。

AGAの基本的な知識とプロペシア

AGAは男性型脱毛症のことで、ケアを行っている人は日本国内で600万人いるとされる国民的な症状といえます。症状には額がだんだんと後退していくM型の薄毛、頭頂部から薄毛になるO型、この二つが同時に進行していく複合型などの症状があります。長い間、脱毛症の原因は判明していませんでしたが、医療の進歩により症状の原因が分かってきています。

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれるものが原因物質だと考えられています。DHTは脱毛部分から大量に確認されており、男性ホルモンの一種であるテストステロンが5アルファ・リダクターゼという酵素によって変換してできたものです。DHTが多くなると、髪の毛が抜け、また新しい髪が生えてくるというヘアサイクルに影響を与えます。髪が抜けると細く短い毛髪が生えますが、それが硬く太い毛髪となる前に抜けてしまい薄毛の状態になってしまいます。DHTは特にM型の薄毛で見られ、O型には頭皮の血行不良により、栄養が行き渡らなくなることが原因とされます。

このAGAを治療するために作られたのがプロペシアです。プロペシアはAGAの原因であるDHTから作られる物質の生産を抑えることで治療します。プロペシアが登場するまでは薄毛対策にはカツラや植毛ぐらいしか方法はありませんでした。いずれの対策も根本的な対策にはならず、治療が高額になることから諦めている人も数多くいました。

プロペシアは薄毛の原因を正面から対策した内服薬といえます。1日に1錠の内服を続けることで進行を抑え、髪の毛のサイクルを改善する効果が期待できます。プロペシアの薬代は月に4,000~6,000円と非常にリーズナブルです。ヘアーエステなら月に数万円かかることもありますから、プロペシアの登場は革命的ともいえました。

最近の治療法にはプロペシアに代表される薬剤を服用する内服療法と、薬剤を塗る外用療法があります。プロペシアは1日1錠薬を服用するだけなのでもっとも手軽にAGA治療ができる方法のひとつです。これからAGA対策を考えている人も、すでにAGAに悩まされている人も、区別なく使用できるので、ぜひ取り入れてみることをおすすめします。

プロペシアならジェネリック薬が安い

プロペシアはアメリカで開発された薬です。世界60カ国で処方されており、日本では2005年にAGA治療薬として発売されました。通販を利用してプロペシアを注文することも可能ですが、もっと安く済ませたい方はジェネリックもあるので試してみるとよいかもしれません。先発薬のプロペシアは月の薬代が6,000~7,000円ほどかかっていましたが、後発薬は製造コストを削減することに成功し低価格化を実現しました。月々の薬代は4,000円ぐらいまで抑えられるでしょう。ジェネリック薬が発売された2015年はAGA治療薬の元年にも位置づけられており、ジェネリックの登場によって身近な存在になったといえます。

ジェネリック薬はどうして価格が安くなるのでしょうか。そもそもジェネリック薬とは何なのか、プロペシアを例に説明します。製薬会社などで新薬が開発され、厚生労働省の認可を受けると販売が開始されます。プロペシアの認可は2005年でしたが、この新薬の特許期間が満了すると後発薬を販売できるようになります。新薬の開発には数百億円から数千億円がかかると言いますが、後発の医薬品はそのコストを軽減することができます。それがジェネリック薬が安くなる理由です。

またジェネリック薬と新薬は同じ有効成分で作られている医薬品です。新薬と効き目が同じことは数々の試験により安全性や効果の同等性が確認されています。例えば、原薬や製剤の品質確保の規格試験や、長期保存にも耐えられるかをテストする安定性試験などにより、厚生労働省の認可を受けているので安心です。

さらに、ジェネリック薬は新薬の効果を再現しただけではなく、新しい技術が投入されていることも特徴です。味の改良や小型化、服用したらすぐに水に溶ける作用など飲みやすさや安全性はさらに改良されていることに特徴があります。プロペシアの場合はミノキシジルのような発毛効果のある成分を配合したり改良が加えられています。

プロペシアは服用から効果が現れるまでに何ヶ月も要するタイプの医薬品です。長期的に効果を見ていく必要があるので、それなりの費用がかかります。そのときにジェネリック薬を選べば患者さんの自己負担は軽減されるため、プロペシアのジェネリック薬は注目を集めています。