• ホーム
  • ベルトリドの効果と正しい飲み方

ベルトリドの効果と正しい飲み方

2020年05月08日
はげ始める男性

プロペシアは後発薬(ジェネリック薬)が次々と販売を開始しており、いろいろな選択肢から選ぶことができます。リーズナブルな価格で人気なのはベルトリドというジェネリック医薬品です。これはデュタステリドを配合したアボダートの医薬品となります。

デュタステリドは前立腺の肥大とAGAを治療するための処方薬です。男性ホルモンの働きを抑える効果が確認されています。前立腺に関しては排尿障害を改善し、前立腺を小さくする効果が期待されます。残尿感や頻尿の改善も期待できる有効成分です。デュタステリドは経口カプセルとして提供されるのが一般的です。

アボダードも前立腺肥大症の治療薬として開発されました。良性前立腺肥大症に効果があるとアメリカのFDA(食品医薬品局)と日本の厚生労働省の認可を得ています。ただ、AGAの対策としてはアボダードは承認されていません。イギリスの製薬会社がアボダードとほぼ同じ効果を持つザガーロという医薬品を開発したことで、AGA用に発売されます。2015年に厚生労働省によって承認を得ました。

ベルトリドを製造開発しているのはインタスファーマ製薬会社です。ここはインドの大手製薬会社のひとつで、国際的に医薬品を開発販売していることで知られます。AGA治療薬のほかには心臓病や糖尿病の薬で知られ、世界の様々な省庁から認可を受けているグローバル企業です。

ベルトリドはプロペシアと同様に男性ホルモンのテストステロンが、ジヒドロテストステロンへと変化する酵素5アルファ・レダクターゼを阻害する効果があります。酵素5アルファ・レダクターゼは2種類ありますが、プロペシアが1種類を阻害するのに対し、デュタステリドは2種類に対応できることがメリットです。阻害する作用も強力ですが、その分副作用については気をつける必要があります。

服用に関しては一般的なプロペシアと同じです。一日に1錠が原則で、一度服用したら24時間の間隔をあけてください。時間帯はいつでもよく、食事と一緒に服用しても問題ありません。効果が出るまでにかかる時間もだいたい6ヶ月と同じです。1年間服用を続ければ高い確率で薄毛は改善されていくでしょう。副作用はごく稀に射精障害や勃起不全が起こることがあります。このような副作用に気づいたら、すぐに医師に相談することが大切です。アレルギー体質の人も処方の前に医師や薬剤師のアドバイスを受けることをおすすめします。