• ホーム
  • 市販の育毛剤を選ぶときに注意したいポイント

市販の育毛剤を選ぶときに注意したいポイント

2020年06月25日

プロペシアを服用しているときに育毛剤を併用しても良いのでしょうか。これまで、プロペシアと塗り薬タイプの育毛剤を併用したことが原因で大きな問題が起きたことは確認されていません。そのため基本的に育毛剤とプロペシアの併用は大丈夫だと考えてよいでしょう。むしろ飲み薬で薄毛対策を行いながら、塗り薬で発毛を促進する二段構えは、より効果を促進させるためにおすすめの方法です。それでは育毛剤はどのような商品を選べばいいのでしょう。ドラッグストアや通販サイトには様々なメーカーから様々な商品が販売されていますが、選ぶときに注意したいポイントを紹介します。

まずは確認としてドラッグストアや通販サイトで購入できる育毛剤は薬用育毛剤のことを指し、これは医薬部外品です。医薬部外品は医師の処方なしに購入できます。育毛効果のある商品は化粧品の棚にあることもありますが、その場合は育毛効果のある成分は入っていても効果が薄いことがあるので注意です。商品を探すときは薬用育毛剤の棚やカテゴリから探すようにしましょう。

肌が弱い人は成分が天然由来のものか調べることをおすすめします。化学物質を組み合わせたものは頭皮トラブルを起こす可能性があるからです。育毛剤のパッケージには様々な成分の表記があるので、主成分が何で、どんなものが配合されているのかは、確認しておきましょう。

例えばシンビジウム全草エキスは保湿効果の高い天然素材として注目されている成分です。頭皮を優しく保護し、潤いを与えてくれます。こうした天然素材が配合されている商品は髪に優しく、しっかりと汚れを洗い落とす効果もあるので育毛以外の用途にも利用できます。父親が育毛目的で、母親が頭皮環境の改善を求めて使用する、というケースにも対応できます。

薄毛や抜け毛の原因に合わせた商品選びも大切です。一口にAGAといっても原因は人により異なります。例えば血行不良が原因でAGAが進行している場合は、男性ホルモンの分泌に力を入れている商品を利用しても思うような効果は得られないかもしれません。その場合は頭髪環境をよくする育毛剤を選ぶ必要があります。プロペシアの作用を補助するような商品を選んでもいいでしょう。育毛剤を選ぶときは自分の症状や頭髪環境がどのような状況にあり、それを改善するためにはどんな成分や効果が必要になるのか、あらかじめ知っておいてから選ぶと自分に合った商品を選ぶことができます。